au by KDDI Create it! auお客さまサポート

【iPhone】SDカードからのアドレス帳の移行

■対象OSバージョン:iOS8( iOS7はこちら


<必要なもの>

・パソコン
<WindowsOS>
 Windows XP(SP3以上、32bit) 、Windows Vista (SP1以上 、32bit)、Windows 7 (32bit)、Windows 8 (32bit/64bit)
 
<MacOS>
 OS X v10.6 (32bit/64bit)、OS X v10.7 (32bit/64bit)、OS X v10.8(64bit)

・iPhoneで利用するEメール(@ezweb.ne.jp)アドレス
 iPhoneでEメールが利用できるようあらかじめ設定しておいてください。
 設定方法は「Eメールアドレス (XXX@ezweb.ne.jp) 設定ガイド」をご確認ください。

・パソコンで利用するEメールアドレス
 パソコンで利用できるメールが必要となります。

ご注意

パソコンを利用しない移行方法についてはこちら(スマートフォンからWi-Fi経由での利用になります。スマートフォン以外の携帯電話からアドレスを移行するにはパソコンが必要です。)
・機種変更前の携帯電話に対応できるSDカードについては、各社のwebサイトなどでご確認ください。
・機種変更前の一部機種では、解約後にはSDカードへの保存ができません。解約前に「STEP1」の操作を行なってください。

STEP1:「アドレス帳変換ツール」をパソコンへダウンロードし、SDカードのデータをiPhoneに対応したアドレス帳ファイルへ変換する

以下の「アドレス帳変換ツール」をパソコンにダウンロードし、SDカードに保存したアドレス帳のデータをiPhoneで読み取れるデータ形式に変換します。
※「アドレス帳変換ツール」はWindows版、Mac版それぞれに対応したツールをご用意しております。お使いのパソコンに応じてお選びください。

■Windowsをお使いの方
 アドレス帳変換ツール for Windows(56KB)
■Macをお使いの方
 アドレス帳変換ツール for Mac (139KB)

ご参考(※auHPからも本設定ガイドをご覧いただけます)

auHP→「サポート」→製品別サポート情報の中の「iPhone」→各種設定・使い方ガイドの「iPhoneをご購入後すぐにおこなっていただく設定」の「STEP4 アドレス帳などの移行」→「※他社の携帯電話からお乗換えされた方のアドレス帳などの移行手順はこちら」を選択する。。

1上記の「アドレス帳変換ツール for Windows」または「アドレス帳変換ツール for Mac」をクリックします。Windowsの場合、下図のような画面が出てきますので、「保存」をクリックします。


2ダウンロードが完了するとページの下にポップアップが表示されます。「ファイルを開く」をクリックします。
※ブラウザにより表示が異なります。


3「実行」をクリックします。


4アドレス帳変換ツールが起動されます。利用規約をご確認の上、「利用規約に同意の上利用する」をクリックします。


5「参照」をクリックし、SDカードからパソコンへ保存したファイルを指定します。

【SDカード内のアドレス帳データ(.vcfファイル)の保存場所】

※あくまでも1例です。

auの場合
 [シャープ製機種] : PRIVATE>AU>BU>B_AD
 [IS11S] : System>PIM
 [IS11CA] : PIM
 [IS04/EVO] : SDカード直下

NTTdocomoの場合
 [携帯電話] : PRIVATE>DOCOMO>BACKUP>SD_PIM>ADDRESS
  
ソフトバンクモバイルの場合
 [携帯電話] : PRIVATE>MYFOLDER>Utility>Contacts>Contacts.BCK


6ファイルを指定した後は、「変換開始」をクリックします。
変換が完了するとメッセージ欄に変換済みのデータ件数が表示されます。
変換後のファイルは変換元ファイルと同じ場所に格納され、変換後のファイル名は「PC→iPhone.vcf」です。


7「終了」をクリックします。


STEP2:変換したアドレス帳ファイル(.vcfファイル)をメールでiPhone宛に送信する

変換したアドレスファイル(PC→iPhone.vcf)をEメールに添付して、パソコンからiPhone宛(@ezweb.ne.jp)に送信します。

※アドレス帳ファイルの容量が3MBより大きい場合、@ezweb.ne.jpに送信しても届かない場合があります。
iPhoneに別のメールアカウント(Gmail等)を設定してお試しください。


STEP3:受信したアドレス帳ファイルをiPhoneの連絡先に書き込む

 STEP2で送信したメールをiPhoneで受信したら添付ファイルを開いて、iPhoneの「連絡先」に書き込みます。

メッセージ(MMS)をご利用の場合

1「メッセージ」をタップします。

2添付ファイルを選択してファイルを開きます。

3アドレス帳一覧が表示されたら「○件すべての連絡先を追加」を選択します。
※アドレス帳の件数が多い場合は、表示に時間がかかります。
※移行したアドレス帳データが正常に表示されない場合は、Step2にて別のメールアカウント(メールサービス)から再度メール送信を行ってください。

4「新規連絡先を作成」を選択、書込みが終了すると「メッセージ」アプリの画面に戻ります。
※連絡先の書き込みは「追加形式」で書き込まれます。したがって、本手順を複数回行った場合は同じデータが複数保存・表示されますのでご注意下さい。

5ホーム画面から「連絡先」を選択して、アドレスが書き込まれている事を確認します。

アドレス帳に書き込まれています。

メールアプリをご利用の場合

1「メール」をタップします。

 

2受信メール一覧から該当のメールをタップします。

3添付ファイルをタップしてファイルを開きます。

4アドレス帳一覧が表示されたら「○件すべての連絡先を追加」をタップします。
※アドレス帳の件数が多い場合は、表示に時間がかかります。
※移行したアドレス帳データが正常に表示されない場合は、Step2にて別のメールアカウント(メールサービス)から再度メール送信を行ってください。

5「新規連絡先を作成」をタップします。
書き込みが終了するとメール詳細画面に戻ります。
※今回追加するデータがすでにiPhoneに登録されていた場合、重複して追加されますのでご注意ください。

6ホーム画面から「連絡先」をタップして、アドレス帳データが書き込まれていることを確認します。

アドレス帳に書き込まれています。

 
 
 

アンケートにご協力ください。

    はい   いいえ
KDDI関連サイト
au KDDI au Q&Aプラス

COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.